B型肝炎の問題点

B型肝炎という名前を良く耳にするようになってきました。主に耳にするのは日常会話ではなく、テレビのニュース番組や新聞などなのですが、B型肝炎について知らないという方も多くしっかりと理解しておくというのはとても重要な事になってきます。

注射器テレビや新聞で問題になっている理由として最も大きな物は、B型肝炎の感染原因です。B型肝炎は、色々な感染経路があります。麻薬を注射する際に注射器を使いまわしたり、コンドームを付けないでセックスしたり、消毒出来ていない基部でピアッシングしたり、タトゥーを入れたりしても感染するのですが、最も重要なものは、国が指定している集団予防接種やツベルクリン反応検査が原因で感染してしまったケースです

この集団予防接種やツベルクリン反応検査が原因で感染してしまったケースは、昭和23年から昭和63年までのおよそ40年に亘って国が実施したものに限られるのですが、この時期に検査に使用している注射針や注射筒が連続で使い回しされていた事が原因で感染者が拡大してしまったという理由が問題視されているのです。

これは国が原因で起こっているものなのですから、不特定多数と共に行った麻薬の常用やセックスなどとは違い感染者に落ち度はありません。その為、国に対して集団訴訟が行われており、この過程から結果までが注目されているのです。そこでこちらのページでは、B型肝炎の給付金など知っておくべきB型肝炎の基礎情報をご紹介します。